DIAN試験ユニット&臨床試験リーダーシップ

治験責任医師兼研究主任者

Randall J. Bateman(MD)
神経科 Knight 特別教授
Washington University in St. Louis School of Medicine

600 S. Euclid Ave., CB 8111
St. Louis, MO 63110
Eメール:batemanr@neuro.wustl.edu
経歴
電話:314-747-7066
Fax:314-747-7060

Dr. Randall Batemanは、Washington University School of Medicine in St. Louis 脳神経科Charles F. and Joanne Knight 特別教授です。

Dr. Bateman’sの研究は、アルツハイマー病の原因および将来的な診断と治療に着目しています。博士は、優勢遺伝アルツハイマー・ネットワーク試験ユニット(DIAN-TU)の主任研究者で、記憶障害と認知症の発症を予防することを目標とした、常染色体優性遺伝アルツハイマー病(ADAD)の初めての臨床試験を立ち上げました。2010年、博士はADADを患う方々のために、患者とご家族の支援グループである常染色体優性遺伝アルツハイマー病フォーラムを組織しました。博士は、この先数年に渡り、ADADに関する試験計画と候補となる医薬品を挙げるため、複数の製薬会社による協力体である、初めてのDIAN-TU Pharma Consortiumを結成する活動を指導します。博士は、DIAN-TUのためのAlzheimer’s Association 研究助成金の受取人です。Dr. Batemanは、ADADの研究に注力している先進的研究センターの国際的協力体であるDIANの主任研究者兼治験責任医師も務めています。

同氏は、Memory Diagnostic Center of Washington Universityで、認知症患者を治療しています。また、Charles F. and Joanne Knight Alzheimer’s Disease Research Center および Hope Center for Neurological Disorders の研究員でもあります。

同氏の研究は、AlzForum Community、Alzheimer’s Association (Zenith Award)、Scientific American、Glenn Award for Aging Research、MetLife Promising Investigator Award、MetLife Medical Research Award、およびChancellor’s Award for Innovation and Entrepreneurshipなどを受賞し、広く認識されています。

副主任研究者

Eric McDade(DO)
神経学准教授
Washington University School of Medicine
660 S. Euclid Ave., CB 8111
St. Louis, MO 63110
Eメール: ericmcdade@wustl.edu
電話:314-747-8423
Fax:314-747-8427

医学領域主任研究者

David Clifford(MD)
神経学臨床神経薬理学科 Melba and Forest Seay 教授
Washington University School of Medicine
660 S. Euclid Ave., CB 8111
St. Louis, MO 63110
Eメール: clifforddb@wustl.edu
経歴
電話:314-747-8423
Fax:314-747-8427

研究計画部門リーダー

Martin Farlow(MD)
神経学部研究副理事兼教授
Indiana Alzheimer’s Disease Research Center 准研究主任者
IUアルツハイマー病および関連障害
355 W. 16th Street, GH-4342
Indianapolis, IN 46202
Eメール: mfarlow@iupui.edu
経歴
電話:317-963-7402
Fax:317-963-7533

Stephen Salloway(MD, MS)
神経学、精神医学および人間行動学教授
神経学、記憶および老化研究計画主任研究者
Butler Hospital
345 Blackstone Boulevard
Providence, RI 02906
Eメール: ssalloway@butler.org
経歴
電話:401-455-6200

Lon Schneider(MD)
精神医学、神経学および老年学教授
University of Southern California
1510 San Pablo Street, Suite 600
Los Angeles, CA 90033
Eメール: lschneid@usc.edu
経歴
電話:323-442-7600

部門リーダー(筆頭研究者)

Tammie Benzinger(MD, PhD)
画像部門リーダー
放射線医学准教授
Washington University School of Medicine
660 S. Euclid Ave., CB 8131
St. Louis, MO 63110
Eメール: benzingert@wustl.edu
経歴
電話:314-362-5950
Fax:314-362-4886

Dr. Benzingerは、脳の生化学的および構造的変化を検知するための撮像利用における専門家です。

Carlos Cruchaga(PhD)
遺伝学部門共同リーダー
精神医学准教授
Washington University School of Medicine
660 South Euclid
Box 8134
St. Louis, MO 63110
Eメール:cruchagac@psychiatry.wustl.edu
研究施設ウェブサイト
電話:314-747-1711
Dr. Cruchagaの研究の対象は、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、脳卒中からの回復およびその他神経変性疾患に関係する遺伝子変異体の特定と特徴解析に焦点を置いています。

Anne Fagan(PhD)
バイオマーカー部門リーダー
神経学教授
Washington University School of Medicine
660 S. Euclid Ave., CB 8111
St. Louis, MO 63110
Eメール:fagana@neuro.wustl.edu
経歴
電話:314-362-3452
Fax:314-362-2244

Dr. Faganの研究は、ベータアミロイドおよび脳脊髄液(CSF)中のその他のアルツハイマー病バイオマーカーに注力しています。

Alison Goate(DPhil)
遺伝学部門リーダー
Mount Sinai 神経遺伝学教授
Ronald M. Loeb Center for Alzheimer’s Disease 研究主任者
Dept. of Neuroscience, B1065
Icahn School of Medicine at Mount Sinai
1425 Madison Ave.
New York, NY 10029
Eメール:alison. goate@mssm.edu
経歴
電話:212-659-9825

Dr. Goateは、常染色体優性遺伝アルツハイマー病の第一原因となる変異について報告を行いました。博士のプロジェクトには、複数の研究計画方法による広範囲に渡る遺伝子型解析が含まれています。Dr. Goateは、研究を称えられ、MetLife AwardおよびPotamkin Awardを受賞しました。

Jason Hassenstab(PhD)
認知部門リーダー
神経学および心理学准教授
Washington University School of Medicine
660 S.  Euclid Ave., CB 8111
St. Louis, MO 63110
Eメール:hassenstabj@abraxas.wustl.edu
経歴
電話:314-747-4032
Fax:314-747-7060

Dr. Hassenstabの研究は、アルツハイマーの初期段階における認知機能の変化を追跡するとともに、アルツハイマー病に関する液体バイオマーカーや脳神経画像の指標について調査を行っています。博士は、体重減少と新陳代謝機能の向上の相関関係や、それらがどのようにして神経認知機能に利益を与えるか、またどうしたらアルツハイマー病を予防し得るかなどについても研究を行っています。

Chengjie Xiong(PhD)
生物統計学部門リーダー
生物統計学教授
Washington University School of Medicine
660 S.  Euclid Ave., CB 8067
St. Louis, MO 63110
Eメール:chengjie@wubios.wustl.edu
経歴
電話:314-362-3635
Fax:314-362-2693

Dr. Xiongは、『Journal of Alzheimer’s Disease』と『Biostatistics for Alzheimer’s Disease and Associated Disorders』の共同編集者です。Dr. Xiongの研究には、実験の統計的研究計画、線形および非線形の混合モデル、長期的データの解析、生存解析と信頼性、カテゴリーデータ解析、 順序制約の下での統計的推測、および医学、生物学、教育および工学におけるそれらの応用が含まれています。